2020_bg.jpg

きさらぎフォト

きさらぎにまつわる佐渡の風景を集めてみました。

きさらぎ外観

両津から国道350号線を佐和田方面に向かっていくと、右側に見えてくる古民家風の建物が目印です。

​玄関前の駐車場に停めてお入りください。

​ソフトクリームや、ドリンクなら外のテイクアウト窓口でのご注文も可能!

きさらぎ玄関

お店の入り口の飾りは瓢箪がモチーフ。店内のところどころに様々なデザインの飾りが造作されています。是非、お店の中を探してみてください。

 

また、玄関を入ってすぐのカメには、黄色や白のメダカがたくさん泳いでいます。可愛い姿に癒されます。

 

お店の中は靴を脱がずにそのままお上がりいただけます。どうぞごゆっくりお過ごしください。

2020-p5.jpg
2020-p8.jpg

きさらぎ店内

天気の良い日はカウンターや、テラスで過ごすのもおすすめです。広い窓からは加茂湖が望めます。​そして、その手前に広がる田んぼには、高い確率で朱鷺が遊びに来てくれます。

 

佐渡の自然と言えば海の印象が強いですが、海とはまた違った雄大な自然をお楽しみいただけます。

歴史ある陳列棚

きさらぎでお食事をされたら、是非、お帰りの際にこちらの陳列棚をご覧ください。

 

以前、この建物では着物のクリーニング屋さんを営んでいたそうです。

 

その時に大切に使われていた箪笥をきさらぎで譲り受け、歴史を大切に、綺麗にリノベーションして今も使っています。

2020-p16.jpg
2020-p15.jpg

朱鷺

田んぼに舞い降りる朱鷺。

きさらぎの目の前の田んぼには、ご飯を食べに朱鷺が良く飛来します。

 

お店には朱鷺ノートもあります。ご覧になってみてください。

藻浦

佐渡の最北端「藻浦」。きさらぎの代表は藻浦でサザエ漁をする漁師です。

 

寒流と暖流のぶつかるこの場所で獲れるサザエは熱を加えても柔らかく、自然の豊かさが身に凝縮されているかのよう。

 

サザエの漁場は、船揚場を出てすぐのところから、奥の二ツ亀のあたりまで。もちろん、きさらぎ定番のサザエカレーにはここで獲れたサザエが使われています。

2020-p1.jpg
2020-p2.jpg

​佐渡の海

佐渡は大佐渡、小佐渡大きく二つのエリアに分けられます。両津から大佐渡側に島を外周していくと、自然豊かな佐渡の景色が広がります。

 

藻浦は大佐渡エリア。そして、藻浦の向こうに見える二つの山になっている岩が二ツ亀と言います。この辺りの​透き通る海と空の青さは格別。

また、二つ亀は佐渡島と陸地で繋がっていて引き潮時には歩いて渡ることができます。絶景スポットとして、また、海水浴場としても有名なスポットです。

藻浦の夕暮れ

新潟と言えば、日本海と言えば夕陽。藻浦から見える夕陽はまた格別に美しく、春や秋は空の青と重なって淡いピンク色に染まることも。

夏は燃えるようなオレンジ色になることも珍しくありません。

​どこまでも続く水平線を見ていると、遠くまで行けそうな気がします。

2020-p13.jpg