2020_bg.jpg

サザエカレーSTORY

貧しさが生んだ、「きさらぎ」のサザエカレー

幼い頃、貧しくて肉が買えなかった。

そんな時、父が漁で獲ってきたサザエを主役にして作ってもらったカレー。その懐かしく温かい味を届けたい。

そんな想いから、私達は商品をお届けしております。

​STORY.1

​貧しかった思い出。

​如月のサザエカレー誕生のきっかけ。

幼い頃、貧しくて肉が買えず、父親が漁で獲ってきたサザエを肉の代わりに主役にして作ってもらったカレー、それがサザエカレーの始まりでした。​カレーに使用するサザエの獲れる佐渡市藻浦(もうら)は、佐渡の最北端に位置します。中心部よりだいぶ離れた場所にあり、当時は黒姫道というところから藻浦まで道路がなく、バスも車も通っていませんでした。交通手段は松前丸(まっさきまる)という小船だけで、急病の際に病院に行く時はその小船で行った事を覚えています。​仕事は漁師か炭焼きの仕事ぐらいしかありません。サザエカレーは、そのような非常に貧しい場所から、漁師の知恵と工夫により生まれました。

​STORY.2

きっかけはお客様の一言から。

懐かしの味を、届けたくて。

漁師の知恵と工夫により生まれたサザエカレー。佐渡の家庭の味を気軽に楽しんでほしい。そんな想いから佐渡両津港前に飲食店「如月」を開店しました。サザエは高級食材として愛されていますが、私たちにとってはどこか懐かしい家庭の味。地元のお客様、観光に来て寄って行かれる方、どんな方にも佐渡の素朴でホッとできる味を楽しんでいただきたくてサザエカレーの他にも、佐渡産の旬の食材を豊富に使った田舎料理や日替わり定食、他にも、様々なメニューが出来上がりました。

 

そんなある日、サザエカレーを召し上がっていたお客様から「このカレー商品化をして、もっと外に出せばいいのに…。」とお声がけいただきました。目から鱗の発想でしたが、その言葉が私たちの気持ちに灯をともしました。”食を通して佐渡の魅力や素朴で懐かしい田舎の味をより多くの人に届けたい”かねてから願い続けてきた想いが実現へと走り出したのです。

​STORY.3

​試行錯誤しながらの商品開発。

​そして加工場の建設とレトルトの販売

その後、2016年春頃よりレトルトサザエカレーの商品化を検討し始めました。知人から佐渡市の研修会に出て、いろんな情報をもらうといいという話を聞く機会があり、それからおよそ一年をかけて様々な研修会に出ては商品開発について学び、各種商談会へ参加しました。

 

スムーズにいくことは少なく、失敗してはやり方を変えて試行錯誤の日々でした。ですが、その時間の中でたくさんの方に出会い、お知恵を借りながら商品開発は一歩一歩着実に歩みを進めて行ったのです。そして平成30年2月、きさらぎの加工場が無事に設立。レトルトの販売を始めることができるようになりました。今でもその時の出会いは大きな財産となり、佐渡島外のお客様にも佐渡の味を届けることができるようになりました。

​STORY.4

食を通して、佐渡の魅力を発信。

​新たな挑戦、新店舗開店への決意。

2019年4月、地元のお客様にも島外からのお客様にも「如月」の想いや味をもっと知っていただきたくて、お惣菜の販売を始めました。これまで長らく飲食店を営んでまいりましたが、お惣菜であればその時の気分で味わいたいものを味わってもらうことができる。販売しながらそんなことにふと気付き、イートインスペースを併設したお惣菜のお店をオープンする構想を始めました。

 

そうしてこの度もご縁に恵まれながら長らく利用されていなかった古民家と出会い、リノベーションをして2020年6月お惣菜のお店として新店舗「如月」をオープンすることができました。長らく培われてきた佐渡の温かい雰囲気、そしてサザエカレーが紡ぐ貧しくも豊かな心を、お食事をしながら一緒に味わっていただければ幸いです。

「美味しい」を届けたい。そして、佐渡の魅力を届けたい。私たちの挑戦はまだまだこれからも続いていきます。

◆製造販売者「きさらぎ」

〒952-0005

新潟県佐渡市梅津1689-7​

◆ご注文・お問い合わせ対応時間 

平日:午前10:30 - 午後6:00  

休日:土・日祝日

Tel/Fax:0259-58-7195

※TEL・FAX兼用

Copyright©2020 Kisaragi  All Right Reserved.